Thinkfree

ハンコムは中国のVSTECS社と提携し、アジアでオフィスソフトウェアを販売 - - ハンコムオフィス-「働き方改革」の実現に向けて生産性ツール メニュー [戻る]
ハンコムオフィス ブログ

ハンコム、中国のVSTECS社と提携し、アジアでのオフィスソフト販売を開始

2019年6月24日

SEOUL, June 24, 2019 - 韓国のオフィススイートソフトウェア開発企業であるハンコムは、アジア太平洋地域の大手ICT製品・サービスプロバイダーである中国のVSTECSと戦略的業務提携を締結し、中国をはじめとするアジア各国でのオフィスソフトウェアの供給・販売を開始しました。

ハンコムは、国内市場で戦うMicrosoft ために韓国語のネイティブワープロプログラムを作った。そのPC-モバイル-ウェブベースのオフィススーツ「ハンコムオフィス」は、英語と韓国語に対応したオフィスアプリケーションだ。

ハンコムは、VSTECSと連携し、市場調査や共同プロジェクトの販売ハンコムオフィス ・協議を行うという。VSTECSは、中国、マレーシア、タイ、シンガポール、フィリピンなどのアジア諸国のアクティブなチャネルパートナーを通じて、グローバルICT企業の製品やサービスを販売している。

"オンリーMicrosoft とハンコムは、PC-モバイル-ウェブを網羅したフルオフィスのラインアップを持っている"とハンコム関係者は語る。"クラウド環境がグローバルに拡大し、Microsoft'sオルタナティブの需要が高まっている中、ウィッシュグループの幅広い流通網を繋げれば、グローバルオフィス市場での機会が増えると期待している"

ハンコムオフィス は、MS Officeの代替を望む国をターゲットにしている。ハンコムは2016年にロシアの2大小売チャネルであるM.VideoとEldoradoを通じてPCハンコムオフィス 向けの販売を開始した。

ソース http://www.ajudaily.com/view/20190624112050995

リスト
リスト