Thinkfree

韓国ハンコムと新韓銀行、ブロックチェーンプラットフォームを開発 - - ハンコムオフィス-「働き方改革」の実現に向けて生産性ツール メニュー [戻る]

韓国ハンコムと新韓銀行、ブロックチェーンプラットフォームを開発へ

2020年2月18日

ソウル、韓国、2020年2月18日 韓国のソフトウェア大手ハンコムは、新韓銀行のITサービス関連会社である新韓DSとブロックチェーン契約を締結した。新韓銀行は、資産と純利益で韓国第2位の商業銀行にランクされています。全国に約13,400人の従業員と900の支店を持つ新韓は、1,800万人以上の顧客にリテール、法人、投資銀行サービスを提供しています。 

韓国の両社は、「デジタル資産」管理プラットフォームの構築を誓約している。両社はブロックチェーン技術を活用し、信頼性と透明性を確保し、すべての有形資産を追跡できるブロックチェーンベースのデジタル資産管理プラットフォームを開発する。 

ハンコムはブロックチェーンとセキュリティに特化したR&D人材を投入する。 

新韓DSは技術戦略とプラットフォーム構造設計を担当しています。

Hancomは、ブロックチェーンを利用したオフィスソフトウェアのスイートを含む、ブロックチェーン製品の強力なポートフォリオをすでに構築しています。

ハンコムグループについて 1990年に設立されたハンコムグループは、テクノロジーの融合により世界をリードする革新的なエコシステムを創造するリーダーです。 

ハードウェア、ソフトウェア、金融業界をカバーする関連会社14社を擁し、"便利な世界、つながる世界、安心・安全な世界 "を創造することを使命としています。 

ソース

https://www.einpresswire.com/article/509984076/south-korea-hancom-and-shinhan-bank-to-develop-blockchain-platform

リスト
リスト