Thinkfree

大邱市がコロナウイルスの自己検疫を管理するAIベースのコールセンターを立ち上げた。-「働き方改革」の実現に向けて生産性ツール メニュー [戻る]
ハンコムオフィス ブログ

大邱市、コロナウイルスの自己検疫を管理するAIベースのコールセンターを開設

2020年3月25日

2020年3月25日 韓国のコロナウイルス発生の中心地である大邱市は、人工知能(AI)を活用したコールセンターの相談窓口を開設し、コロナウイルス自己隔離状態にある人を管理すると発表した。

そのため、一度隔離から解放された人でも、隔離から解放された後に症状が出た場合の管理に懸念が高まっています。大邱は現在、検疫から解放された人を管理するためのAI技術の導入を計画している。

これまでに大邱では6,456人が確認され、検疫件数は8,000件を突破した。 

具体的には、この技術「ハンコムAIチェック25」は、AIを活用したコールセンターのカウンセリングサービスだ。ハンコムAIチェック25は、1日1回(2週間)自動的に電話をかけて、発熱や呼吸器症状などの健康状態を確認する。

症状を報告すれば、保健所と共有され、専門的な相談を受けるために直接接続されます。 

自己検疫から解放された人の健康状態を確認できるほか、地方の保健所にデータを提供し、官公庁関係者向けに自動分析を行う。 

ソース

https://n.news.naver.com/article/005/0001303611?fbclid=IwAR1pcfDPuX-RTGosTopGHN651gu66Z1HIELCXE-dc9p2vkLYkpMPz2A4kBI

リスト
リスト