Thinkfree

韓国のHancom Group、All Digital CES 2021に参加 -Hancom Office - 現代のチームのための生産性の再定義 メニュー [戻る]

韓国ハンコムグループ、「オールデジタルCES 2021」に出展

2021年1月11日

2021年1月8日、カリフォルニア州サンノゼ発 - ゲームを変える技術のエコシステムを創造するリーダーであるハンコムグループは、1月11日から14日まで開催される「All Digital CES 2021」に参加することを発表しました。

同社は、進化し続けるテック業界のために、未来のイノベーションを開拓することで、世界をよりスマートに、より安全に、より自由にするためのビジョンを発表します。

ハンコムって誰?

ハンコムは、他の韓国市場のリーダーと同様に、モビリティ、ロボット、スマートシティ、AI、ブロックチェーンをどのように独自に構想しているかを業界と共有します。

ハンコムがAll Digital CES 2021で紹介する製品。

  • Hancom Works - Hancom Worksは、セルフホスティング型のデータセンターやAWSなどのクラウド基盤の上にオールインワンのリモートワークスペース環境を構築し、組織のデジタルトランスフォーメーションを支援します。
  • Hancom Office -Hancom Office は、あなたの仕事、勉強、コラボレーションのためのコアな生産性アプリケーションです。
  • トキH2 : AIホームロボット - トキは、顔認識技術と便利な教育コンテンツをベースに、家族間でカスタマイズされた会話を共有したり、子供と日常生活を共にしたりするためのフレンドリーなホームロボットです。
  • AI画像処理サービス - Hancom InSpaceは、人工衛星や陸上の地球局、ドローンから撮影した映像を収集・分類・解析します。
  • デジタルゴールドブロックチェーン - デジタルゴールドブロックチェーンは、新しい金のトランザクションプラットフォームは、金、最先端の技術、芸術、金融を組み合わせた新しい金のビジネスを作成します。
  • NeoIDM : AI IoT Platform - NeoIDMは、様々なセンサー、IoT、エッジデバイスを介して柔軟に管理できる統合管理基盤を提供するプラットフォームです。
  • Hancom Mobile and Digital Forensics - 様々なタイプのモバイルおよびデジタルデバイスをサポートするデータ抽出・分析用の完全なモバイルおよびデジタルフォレンジック製品。
  • ハンコム AIチェック25 : AIコールセンターソリューション - ハンコム AIチェック25は、AIボットを使って自己検疫者を監視し、健康状態の監視や情報配信を支援します。
  • Hancom Genie K : 韓国語のためのAI家庭教師 - 韓国語のためのAI家庭教師「Hancom Genie K」は、韓国語を学びたい人がいつでもどこでも話せるように1:1の韓国語会話練習アプリです。
  • GenieTalk Go!2 : AIモバイル翻訳機 - 65言語に対応したAI通訳機。GenieTalk Go!2は、様々な言語が飛び交うオフィスやフィールド、海外出張、海外旅行などでご利用いただけます。
  • Parking Friends : IoT駐車場共有サービス - Parking Friendsは、IoTセンサーを利用してリアルタイムに駐車場情報を提供するIoT共有駐車場サービスです。駐車場の状況を確認したり、駐車場を解決したりすることができます。

"韓国のICTコンバージェンスのリーディングカンパニーとして、ハンコムが世界をよりスマートに、より安全に、より自由にするためにどのように貢献していくのかをCESで共有できることを楽しみにしています。ハンコムグループのグローバルビジネスプレジデントであるピーター・ウォンソク尹氏は、「オンライン会議にもぜひご参加ください」と述べています。

プレショー、ショーのメディアインタビューを歓迎します。
CESに登録されているメディアと参加者は、バーチャルオンラインで以下をご覧いただけます。 https://digital.ces.tech/home

リスト
リスト